BowNow連携フォーム

目次

 
 
   2.設定方法
 
   3.仕様詳細
 
   4.注意点

1. BowNow連携について

BowNow」はクラウドサーカス社が提供するマーケティングオートメーションツールです。自社のWebサイトにBowNowの管理画面から発行されたトラッキングコードを埋め込むことで、Webサイトに訪れたユーザーの所属している企業やユーザーの行動履歴などを確認することができます。

BowNowとは

ActiBook×BowNow連携ではActiBookの公開サイトで会員登録したユーザーの情報がBowNow側でも取得されます。ユーザーごとにどのブックを閲覧したかなどの行動履歴を確認することができます。

BowNow連携

BowNow連携にはBowNowサービスのアカウントが必要となります。BowNowの詳細につきましては下記サイトをご参考くださいませ。

BowNow紹介サイト

2. 設定方法

1.ActiBookで公開サイトを作成

ActiBook[サイト設定]>[サイト管理]を開きます。
②サイトのURLや必須事項を入力し公開サイトを作成します。

サイト設定の詳細はこちら

サイト設定

2.BowNowでトラッキングコードを発行

①BowNowの[設定]>[システムを設定する]を開きます。
②トラッキングコード名を入力します。
③[サイト設定]に公開サイトのURLを登録します。
④設定を保存します。

トラッキングコード発行の詳細はこちら

トラッキングコード発行

3.ActiBookにBowNowのトラッキングコードを登録

①ActiBookの[サイト管理]>[BowNow連携フォーム]を開きます。
②BowNow上で発行されるトラッキングコードの情報を入力します。
③[BowNow連携する]をクリックして入力内容を保存します。

BowNowとは



トラッキングコードはBowNowの管理画面上で確認できます。
確認方法はBowNowで[設定]>[システムを設定する]を開き、登録したトラッキングコード名をクリックします。

トラッキングコード
コード情報に表示されている各情報をActiBook側に登録します。

トラッキングコード確認
以上で設定は完了です。

3. 仕様詳細

BowNow連携すると、ActiBookの公開サイトにアクセスしたユーザーの情報をBowNowで取得、確認することができるようになります。BowNowではユーザーのことを「リード」と呼びます。

BowNow連携基本情報

ユーザーが公開サイト上で新規会員登録もしくは管理者がActiBookの管理画面からユーザーを会員登録した場合は、BowNowのリードとして登録されます。会員登録せずに公開サイトにアクセスしたユーザーは、個人が特定できないためアンノウンとしてBowNowに登録されます。

BowNowではリード単位、サイト単位で公開サイトに訪れたユーザーの行動履歴を確認することができます。

行動履歴


リードの確認方法に関する詳細はこちら

4. 注意点

1.BowNow側のフォーム修正について

BowNow連携が完了すると、BowNowの管理画面に専用のフォームが自動で登録されます。連携しているフォームはBowNowの[フォーム・ファイル]>[フォームを管理する]から確認することができます。フォーム名が「ActiBook-○○-××××」となっているものが連携されているフォームになります。
連携されているフォームを編集すると正常にリードの登録などができなくなる可能性がござますのでご注意ください。

注意点1

2.連携範囲について

ActiBookとBowNowが連携している範囲は公開サイトおよび公開サイト上で表示しているコンテンツになります。外部サーバー上で公開しているコンテンツなどは対象外となります。また、PosteアプリもBowNowとの連携はいたしておりません。
そのため、Posteアプリ内で会員登録やコンテンツを閲覧したとしてもBowNow上には反映されません。

3.リードの扱いについて

BowNowのリードはメールアドレスがキーとなっております。ActiBook上で氏名を変更するとそのままBowNow上でも氏名が変更されますが、ActiBook上でメールアドレスを変更した場合は、BowNowでは異なるリード(ユーザー)として扱われるため、新規でリードが追加されます。