ActiBook Oneマニュアルサイト > よくあるご質問 > ビュワー機能 > ベクタ形式とラスタ形式の違いについて

ベクタ形式とラスタ形式の違いについて

ベクタ形式とラスタ形式の違い

 

表示形式によって、ブックをダウンロードした場合のブックファイル内のデータが一部異なります。

 

■ベクタ形式

 Actibook で生成したPDFと画像を同時に表示させてブックを閲覧できる形式。 

 ブックを拡大させた際に、PDFを拡大させて表示ができるため、文字がきれいに表示されます。


■ラスタ形式

 Actibook で生成したPDFを"画像化"して、画像を表示させてブックを閲覧できる形式。
 ブックを拡大した際にも、画像が表示されるため表示崩れが起こりにくいです。


■ベクタ形式

 

PDF+画像+ブックを生成させるために必要なデータが格納されています。

 

「images」PDFを画像化したデータが格納されております。

「encrypt.pdf」PDFのデータが格納されております。

 

■ラスタ形式

 

画像+文字情報+ブックを生成させるために必要なデータが格納されています。
通常時の画像に加えて、拡大した際の画像・文字情報が別で格納されているため、

ベクタ形式よりブックの容量は重たくなります

 

「images」PDFを画像化したデータ(通常時・拡大時)が格納されております。

「text」テキスト情報を保持しています。